病院案内

HOME > 病院案内TOP > 看護部TOP > インタビュー

インタビュー ~職場で働くナースの声~


「利便性のいい横浜で、温かなスタッフに囲まれて働く」

部 署
整形外科病棟勤務
出 身
平成26年卒 4年制大学卒業 宮城県出身
尊敬する先輩たちと働きたい気持ちが決め手に

学生時代まで地元で生活していたので社会人になったら自立したいと思い、就職は関東圏を希望していました。神奈川県と埼玉県の3病院に絞り込み、インターネットから「関東圏の総合病院、ローテーション研修、病院の雰囲気」をポイントに、自分自身で調べたところ当院に魅力を感じ、インターンシップに参加しました。

整形外科病棟でのインターンシップを体験したところ、明るくアットホームな雰囲気の中でスタッフ同士が常に情報共有していたことや、患者さんに対する丁寧なかかわりを肌で感じ、尊敬する先輩たちと一緒に働きたいという気持ちが強まりました。

さらに重視していた教育体制と職場環境も希望していた通りで、ここでなら成長できると確信しました。インターンシップ参加後も写真や年賀状が届き、スタッフの温かさ、やさしさが伝わってきたことも決め手のひとつでした。

看護の流れをつかめたローテーション研修

当院の教育の特徴は、入職後2カ月間のローテーション研修。急性期病棟だけでなく、回復期リハビリ病棟、手術室、在宅医療センター、透析センターなどあらゆる部署を体験することで、病院全体で継続した看護が実践されていることがわかりました。現在、整形外科病棟に勤務していますが、手術室での経験は患者さんの状況を理解することができたので、術前術後の患者さんにどんなケアが必要なのか知ることができました。このようにさまざまな部署での学びが、現在の看護に生かされています。

また技術面では、輸液管理、薬剤、注射など看護技術を確実に習得できるプログラムが用意されているので、実践の場での不安が安心へと変わりました。こうした同期との集合研修の場は、お互いの不安や悩みを共有し励まし合える有意義な時間となりました。

現在は複数の患者さんを受け持ち、術前術後のケアを行っています。重症な患者さんが回復していく過程を見られることが、喜びとやりがいにつながっています。急変時の対応など、まだまだ学ぶことはたくさんありますが、先輩のフォローなしで独り立ちできることが目標です。今後は基本だけでなく応用力をつけて、患者さんの状況に合わせた看護を実践していきたいと思います。

休日は横浜周辺で買い物や食事を楽しむ

学生時代から横浜に遊びに来ていたので、みなとみらいをはじめ、きれいな街だという印象を持っていました。赤煉瓦倉庫や中華街など、両親が来たときには観光案内をしています。

寮の周辺にはコンビニやスーパーもあり、生活するのにも便利な立地条件。初めての一人暮らしだったので、同期の存在は心強かったです。寮では仲間と食事会を開いて交流を深めています。

外出することが好きなので、休日は戸塚周辺や横浜に買い物や食事に出かけることが多いですね。夏は友人とビアガーデンに行くことも楽しみのひとつです。横浜はアクセスがよく、どこに外出するにも便利なことも魅力。江ノ島や鎌倉などへの散策も楽しめ、リフレッシュできる環境があります。

「この病院なら新人でも安心して学ぶことができる」

部 署
整形外科病棟勤務
出 身
平成26年卒 4年制大学卒業 広島県出身

私は卒業後、本当に看護師として働くことができるのか不安に思っていました。就職説明会で当院のことを知ったのですが、入職1年目の看護師に対する充実した教育体制の説明を聞き、「この病院なら新人でも安心して学ぶことができる」と感じました。

実際の病院見学会にも参加し、病院内の雰囲気や看護部の理念などが自分に合っていると感じ、入職を決めました。

「病院選びでは・・・」

学校を卒業したばかりの最初の1年は技術や知識を身につけることが大切だと思います。

当院では先輩看護師が一丸となって関わってくれますし、定期的な研修もあり必要な知識を身につけられていっていると実感しています。

「ローテーション研修の魅力」

部 署
内科・外科混合急性期病棟勤務
出 身
平成25年卒 3年制短期大学卒業 神奈川県出身

私が当院への入職を決めた理由の1つは、新人研修にローテーション研修という研修があったことです。

夏休みに就職サイト主催の合同説明会に参加し、様々な病院の説明を聞きました。そのころはまだ、看護師となったあとにどの科で働きたいかというイメージがつかめていなかったので、病院の全ての科を実際に回って研修を受けたあとに配属希望を出せるローテーション研修に魅力を感じました。実際に病院全体を3ヶ月かけて回り、それぞれの雰囲気や違いを体感できたことは、配属希望を出す上でとても参考になりました。

「病院選びでは・・・」

私が病院を選ぶ要件として大事だと思うことは、入職後の研修内容と実際に病院の雰囲気です。入職を決めた理由のところでもあげましたが、私は当院の新人ローテーション研修に大きな魅力を感じ、見学・面接と段階を踏んでいきました。

そのほか、私自身は実家から通っているのですが、同期入職者は寮生活がほとんどなので、寮の有無や移住する際の福利厚生なども重要だと思います。

「時間をかけてじっくりと」

部 署
内科・外科混合急性期病棟勤務
出 身
平成25年卒 4年制大学卒業 群馬県出身

当院はローテーション研修を実施するなど新人教育に力を入れており、3ヶ月間時間をかけて自分の希望する科を決めることができると思ったのが理由です。また、横浜から近く、通いやすいというところも魅力的でした。

「病院選びでは・・・」

教育制度がしっかりしているかということと、病棟の雰囲気がよいかということが重要だと思います。

「それぞれのペースに合わせた教育プログラム」

部 署
内科・外科混合急性期病棟勤務
出 身
平成25年卒 4年制大学卒業 秋田県出身

大きな病院で多くの同期と競い合うように学ぶよりも、それぞれのペースに合わせた教育プログラムで確実に成長して、しっかりと看護を提供できる病院を選びたいと考えました。

当院の、基礎技術からきちんと習得できるサポート体制が整っているところはとても魅力的でした。また、地域に根差した病院として役割を担っている点も、地域看護に興味があった私にとっては、選ぶ理由の1つになりました。

「病院選びでは・・・」

「そこで働いている自分」をイメージできることが大切だと思います。見学やインターンシップでその病院の全てを捉えることはできませんが、実際に働いているスタッフや患者さんの表情、全体の雰囲気から特徴を感じ取ることはできるはずです。

現場で業務をこなしていくだけでなく、プライベートも充実させられるよう、就業条件なども検討し、看護師としての生活の全体像を思い描いて「こうなりたい」という目標を持てる病院がよいのではないでしょうか。

自分に合ったサポートをしてくれる環境が整っているところを選択することはとても大切だと思います。

病院案内

西横浜国際総合病院

〒245-8560
神奈川県横浜市戸塚区汲沢町56

TEL:045-871-8855/FAX:045-862-0673

交通アクセスはこちら

スマホサイト
当院のご案内をスマホサイトでもご利用頂けます。
西横浜国際総合病院は日本医療機能評価機構認定病院です。認定番号:GA0220-02
看護学生のインターンシップ・病院見学・採用試験開催中!
看護学生の就職はおまかせ 文化放送ナースナビ
ナース専科
セコムの看護・介護募集サイト:セコム・提携病院人材募集組合
セコムの看護・介護募集サイト:セコム・提携病院人材募集組合