診療科・センター紹介

HOME > 診療科・センター紹介TOP > 腎臓内科

腎臓内科

概要

慢性腎臓病の方は大変多く、その病初期の患者様の診断から、患者様毎の治療方針の策定、慢性腎臓病進行抑制対策、合併症対策、末期腎不全(一部の患者様が至る)の透析療法を行っています。

診療体制

多くの患者様の診察を円滑に進めるために、お近くのクリニックの先生方と連携していくことを目標としています。ご自分の症状でご心配な方や健診で指摘された方、またホームドクターから指示された方は、お気軽に受診なさってください。最善の医療を提供させていただきます。
また当科は日本透析医学会教育関連施設の認定を受けております。

診療担当表を見る

主な治療・症例紹介

全国の慢性腎臓病患者数は大変多く約2000万人です。国民6人に1人の割合になります。戸塚区でも推定4万人以上いると思われます。因みに高血圧症は全国に30000万人、糖尿病は1000万人と言われています。慢性腎臓病の原因疾患は、糖尿病、慢性腎炎、腎硬化症など多岐に亘っています。早期発見・早期対処は慢性腎臓病患者数減少をもたらします。
治療法には疾患によって異なる部分もあるので、原因を明らかにしなければなりません。慢性腎臓病はまた心血管疾患発症の入内危険因子であり、末期腎不全に至るよりはるかに多くの患者様が心血管疾患を合併します。慢性腎臓病発症および進行危険因子も多くのものが挙げられています。それらに対しては集学的対応(総力戦)が必要です。特に降圧目標の達成と適切な降圧剤の選択、生活習慣の改善が重要です。

■腎生検とは
蛋白尿、血尿、腎機能低下などの腎疾患患者に、(1)はっきりと診断をつけ、(2)最も相応しい治療法を定め、(3)予後の見通しを明らかにするために、超音波装置で腎臓を見ながら、専用の針を用いて腎臓の組織の一部をとり、顕微鏡で評価する検査手法です。腎専門医が、腎臓病早期に行うべき大事な検査です(入院が必要)。
因みに下の2枚の写真は、蛋白尿、浮腫で外来を受診され、入院し腎生検を行った患者さんの最初の腎病理所見(顕微鏡)です。(写真左)
これにより治療方針が決まり、写真右はその1年後で、腎の顕微鏡所見は著名に改善し、蛋白尿も陰性となりました。
腎生検は日本全国で1年間に1万人に行われています。透析患者で、腎生検が行われているのはわずか5.3%しかありません。

 

病院案内

西横浜国際総合病院

〒245-8560
神奈川県横浜市戸塚区汲沢町56

TEL:045-871-8855/FAX:045-862-0673

交通アクセスはこちら

スマホサイト
当院のご案内をスマホサイトでもご利用頂けます。
西横浜国際総合病院は日本医療機能評価機構認定病院です。認定番号:GA0220-02