腎臓内科


概要・診療体制

概要

慢性腎臓病(CKD)の方は大変多く、その病初期の診断から、患者さん毎の治療方針の策定、CKD進行抑制対策、合併症対策、末期腎不全の透析治療を行っています。

診療体制

腎臓内科専門外来は水曜日の午前、再診の方のみ予約制で診療を行っております。人間ドッグや健康診断の結果から受診を希望される方は、検診結果票を持参のうえ、まずは一般内科をご受診ください。必要に応じて腎臓内科で診察をさせて頂きます。

診療担当表を見る

腎臓内科IMAGE


主な治療・症例紹介

全国のCKD患者数は大変多く約1330万人と推計され、成人8人に1人の割合になります。
特に高齢者では高くなります。CKDは心筋梗塞や脳卒中・心不全などの心血管疾患や死亡のリスクを上昇させます。CKDの多くは自覚症状に乏しいですが、血液検査・尿検査で診断が可能です。原因疾患は糖尿病、高血圧、慢性腎炎など多岐にわたっており、生活習慣病患者の増加とともに増えています。腎不全が進行し慢性化すると、腎臓の機能が元に戻ることは期待できません。腎臓の機能低下を早期に発見し、適切な治療を行うことで進行を抑えることができます。
治療法は疾患によって異なるため、原因の究明が必要です。原因疾患によっては難病医療費助成制度の対象となるものもあります。蛋白尿・血尿などの健診異常から腎不全・その他の合併症の治療・透析治療まで幅広い腎臓病の治療に対応しています。腎移植を希望される場合には移植療法の情報提供や適切な腎移植専門施設をご紹介いたします。