病院案内

HOME > 病院案内TOP > 看護部TOP > 各部署紹介

各部署紹介

地域包括ケア病棟(2階病棟)

病床数 37床

2015年4月より、新たに地域包括ケア病棟としてスタートした37床の病棟です。いろいろな診療科の患者さんに対応できるよう、急性期や回復期リハなどの経験を持つスタッフが招集されました。急性期治療のめどが経った後の患者さんを受け入れ、リハビリやケアなど退院支援を重点的に行い、在宅復帰を目指す病棟です。看護師、介護福祉士、看護補助者、セラピスト、MSW、クラークで構成され、連携を意識したチームワークを実践しています。

急性期病棟(3階病棟)

病床数 52床 主な診療科 関節外科、整形外科、耳鼻科、眼科

主に整形外科、脊椎外科、耳鼻科、眼科を担当する52床の病棟です。整形外科の疾患を持つ患者さんが主流を占め、ほぼ毎日手術のある活気あふれる病棟です。看護師は、術前から術後のリハビリをとおし、退院後まで視野に入れたトータルケアを行っています。スタッフは新卒からベテランまでバランスよく配置され、男性スタッフが多いのも特徴です。明るさとチームワークが自慢です。

急性期病棟(4階病棟)

病床数 58床 主な診療科 内科、脳神経外科、外科、消化器科、泌尿器科

当病棟は内科、外科消化器科、脳外科、泌尿器科を担当する58床の一般急性期病棟です。幅広い年齢層や疾患を対象としており、専門的な知識の他に柔軟な対応が求められます。慢性疾患の患者様には、生活に合わせた知識が得られるよう一緒に考え、手術や検査を受ける患者様には、安全かつスムーズな離床を図り、合併症の予防に努めています。新卒からママさんナース、中堅までチーム全体で協力しながら「安心・安全な看護」が提供できるよう取り組んでいます。

回復期リハビリテーション病棟

5階回復期リハビリ病棟は、在宅復帰を目標に患者様がその人らしい生活を送ることができるよう、多職種連携に力を注いでいます。またその人らしさを取り戻すために『チューブの無い』『身体拘束が無い』リハビリテーションを実施しています。多職種の中でも、24時間患者様の一番近くにいる看護師の役割は大きく、再発予防をはじめ、限られたリハビリ時間以外も患者様を見守り、さまざまな角度から『その人らしさ』を大切にした生活を支え続けています。このように『看護の原点』ともいえる実践と多職種連携で患者様の回復過程にじっくり関わる事ができ、患者様の笑顔と回復した姿に支えられています。

外来

外来は、診療科13科で1日平均400名の受診者の対応をしています。看護職員はベテラン揃いで既婚者が多く、子育てなどの事情に合わせた、様々な勤務形態を取り入れています。各診療科はそれぞれの専門性が高く、一人前になるのは大変ですが、『スタッフ全員が全ての診療科を担当することができる』を目標に、日々精進しながら外来看護に当たっています。メデイカルクラークとナースエイドが配置されチームで活動しています。神奈川県糖尿病療養指導士が1名おり、糖尿病患者の指導に力を入れています。消化器外科は外来化学療法のパスを導入しています。救急患者の初療や、内視鏡検査にも対応しており多種多様な経験ができます。

透析センター

透析センターは、ベッド数26床で午前・午後の2回転により、1日45名ほどの患者さんを受け入れています。長期外来患者さんのほかに、初めて血液透析を受ける患者さん、他の目的で入院される患者さんで透析を要する方、旅行中の方などにも対応しています。患者さん個々の状況に合わせた食事・飲水コントロール・フットケアなどの指導・支援を行い、安全で苦痛のない対応を心がけています。スタッフは腎臓内科医師、臨床工学士、管理栄養士、MSW、看護師、看護助手、クラークで構成され笑顔とやさしさをモットーに協働しています。

手術室・中央滅菌材料室

手術室は3室あり、整形外科・脊椎外科・消化器外科・耳鼻科・眼科・泌尿器科・脳外科などの手術に対応しています。昨年オープンした関節外科の手術はバイオクリーンルームを使用しています。手術件数は月100件程度で、うち6割が整形外科領域です。患者様が安心して手術に望めるよう、細心の注意を払いながら、各科医師・麻酔科医師・看護師・看護補助者などとチームワークよく取り組んでいます。

教育課

看護教育課は、看護部理念『患者様も私たちも納得の看護』を受けて、看護師一人ひとりのキャリアを大切にし、自信と明るさをもって看護実践に臨めるように、成長段階に応じた支援を行っています。具体的にはクリニカル・キャリアラダー研修の企画・運営・指導・院外研修受講に関する手続きなどです。また看護部門の重要な活動である看護師確保対策、定着支援事業などにも深くかかわっています。

教育システムはこちら

在宅医療センター

院内・院外より紹介を受けた在宅診療を希望される患者さんに対応しています。看護師は4名で、院内医師を中心にスケジュールを組み、月110名ほどの患者さんを担当しています。人工呼吸器使用など医療依存度の高い患者さん、認知症の患者さん、がん末期の患者さんのケア、自宅での看取りまで幅広い対応が求められます。ケアマネージャーや地域の訪問看護、多職種、他事業所と協働し患者さんの在宅療養を支援しています。

病院案内

西横浜国際総合病院

〒245-8560
神奈川県横浜市戸塚区汲沢町56

TEL:045-871-8855/FAX:045-862-0673

交通アクセスはこちら

スマホサイト
当院のご案内をスマホサイトでもご利用頂けます。
西横浜国際総合病院は日本医療機能評価機構認定病院です。認定番号:GA0220-02
看護学生のインターンシップ・病院見学・採用試験開催中!
看護学生の就職はおまかせ 文化放送ナースナビ
ナース専科
セコムの看護・介護募集サイト:セコム・提携病院人材募集組合
セコムの看護・介護募集サイト:セコム・提携病院人材募集組合