看護部長メッセージ

 当院は、地域包括ケアシステムの中核病院となるべく、急性期医療から在宅医療までシームレスに対応できるよう様々な機能を有し、地域の方々の健康と生活を多職種連携・協働で支え続ける努力をしております。
 私たち看護師は、理念に掲げる『患者さんも私たちも納得の看護』を念頭に、『生活者としての視点で全体像を捉え、根拠のある看護実践ができるジェネラリスト』を目指しています。特に、『患者さんファースト』何よりも患者さんが納得できることが重要であると考えています。そして専門職としての技能を最大限に発揮し、患者さんの願いや思いを聴き(あるいは察して)、その人らしさを尊重する関わりを大切にしています。
 当院の教育はケアリング(他者との相互的な関わり合い、気遣いや配慮)を軸とし、常に実践を仲間と共に振り返りながら、一人ひとりに合わせた支援をしていくことが特 徴です。私たちと一緒に成長していきましょう。

看護部長 小野塚 薫

副看護部長メッセージ

 当院は、地域に密着したシームレスな医療を目指しています。高齢の方が多いため、看護師には長い人生に歩み寄った価値観(過去)を大切に、きめ細かい観察(現在)をして、今後の生活を予測(未来)しながら患者さんが必要とするニーズを見極め看護を提供する能力が必要であると考えています。患者さんと心が通じ合う体験は、私たちの頑張る原動力になっています。教育体制はクリニカルラダーを用意しており、経験から学ぶ姿勢を大切に考えています。一人ひとりの個性を大切にジェネラリストナース(主体的に行動ができ心のこもった根拠のある看護が実践できる看護師)の育成を「共有」で目指しています。

副看護部長 村田 日出子

 看護師の仕事は「診療の補助と日常生活の援助」です。その業務内容は患者さんの治療場面、24時間の生活場面と多岐にわたり、ほとんどの場面で看護師は関わります。医療技術は進歩し、高い技術に加え安全と効率化が求められています。昨今、介護ロボットも現れるようになりました。
 しかし看護は人の手でケアする温もりがあるものです。どんなに効率化されても、ロボットが出てきても私たち看護・介護の人の手が、笑顔が、言葉が患者さんの生きる意欲を持ち続けられると信じています。看護師が笑顔で仕事を続けていくために、看護を大切に業務改善を考えていきたいと思います。

副看護部長 平野 桂穂

看護部紹介動画


看護部理念

患者さんも私達も納得の看護

看護部方針

  1. 安全で安心な療蓑環境を整備し、患者さん中心の看護を探求します。
  2. 専門職として自己研鑽に努め、主体的にキャリア形成を行う自立した人材の育成をめざします。
  3. 信頼関係を基盤とし、自他共に大切にする組織運営に努めます。

看護部メニュー