受診案内

HOME > 病院案内TOP

病院案内

ご挨拶

「患者さまと一緒にあゆむ医療」
安心して安全な医療を受けることは患者さまの当然の権利です。かつて病院はこわいイメージがありました。これは患者さまと医療側との間に、十分な会話がなく不安なままで医療を受けていたからです。いまは、安心して心温まる医療を受けていただく時代です。「この病院に来てよかった」と多くの患者さまに言っていただけるよう、私共は日々の努力をおしみません。患者さまからはどんな些細なことでも遠慮なくご質問、ご助言をしてください。

医学は日進月歩で進化しています。近年、個々の医療施設で役割分担がありますから、私共は医療施設間の横のパイプを太く保ち、患者さまがより適切な治療が受けられるよう他施設と連携して無駄のない医療を展開していきます。また、病気にかからないようにするには、そして心身ともに若さを保つにはどうしたらよいでしょうか。日頃の生活習慣の見直しが大切です。健康診断、そして健康アドバイスも積極的に行っていく予定ですので、ご相談ください。

さらに居宅介護療養部門、訪問看護、リハビリ部門、在宅医療部門も今まで以上に充実させ、皆さまに信頼していただけるよう、スタッフ一同が一丸となって、「患者さまと一緒にあゆむ医療」を推進してまいります。

理事長 高木啓吾

当院は、「安心・安全の医療-患者さんと共に-」を理念に掲げ、基本方針として「良質な医療の提供」「地域医療への幅広い貢献」「生命と人権の尊重」の実践に努めております。
急性期医療から介護在宅医療の分野までを網羅し、地域の皆様が安心して住める街づくりに貢献するとともに、専門性があり、個性豊かで特色のある病院作りを目指しております。
また、地域密着型の中規模病院の特性を生かし、迅速な対応ときめ細かなサービスの提供をモットーに、即日検査体制や短期入院手術体制の整備を図り、頼りがいがある「便利な病院」として皆さまに親しまれる病院でありたいと願い続けております。
この間培ってきた内科・消化器科・整形外科などの基本診療科医療はもとより、全国的にも模範となるような質の高い回復期リハビリテーション病棟や、複数の腎臓内科専門医が管理する腎・透析センターなど地域に誇れる医療を今後も継続し、医療の質の向上と患者サービスの向上を通じて、質の高い医療の提供を行うべく、職員一同が一致団結し研鑽に励み、患者さんやご家族の皆様と共に喜びを分かち合える医療を実践してまいります。

院 長 小松 永二

理念・基本方針

安心・安全の医療~患者さんと共に~1.良質な医療の提供 2.地域医療への幅広い貢献 3.生命と人権の尊重

病院ビジョン

安心・安全の医療~患者さんと共に~1.良質な医療の提供 2.地域医療への幅広い貢献 3.生命と人権の尊重

患者さんの権利と患者さんへのお願い

病気の治療は、医療を受ける側と提供する側の共同作業です。お互いの理解と信頼のために以下のことをご確認ください。

1.良質な医療を受ける権利

全ての患者さんは、健康保険法で認められた、良質で最善の医療を公平に継続して受ける権利があります。また、必要な時にはいつでも、医療従事者の援助・助力を求める権利を有します。

2.適切な説明を受ける権利

治療や症状について真実を知り担当医師や受け持ち看護師より、納得が出来るまで説明を受ける権利があります。その説明に対して納得がいかない場合は他の医師の対診やセカンドオピニオンを受ける権利があります。

3.選択の自由の権利

病院や医師を自由に選択し、十分な説明を受け、意見を述べ、治療方針を自らの意思で選択し、治療を受ける権利と治療を受けることを拒否する権利があります。

4.個人情報や秘密が守られる権利

診療や治療で医師や従事者が知りえた患者情報、全てのプライバシーの機密が守られる権利があります。患者本人の承諾なくして、第三者に開示されない権利があります。

5.個人の尊厳が尊重される権利

患者さんは、自ら病を克服しようとする主体として、医療の場において、常にその生命・身体・人格が尊重される権利があります。また、出来る限り尊厳を保ち、安楽に人間的な終末期を迎えるためのあらゆる可能な助力を受ける権利があります。

6.情報開示の権利

所定の手続きを経ることによって、ご自身の診療録の開示を求めることが出来ます。

7.情報を提供する責務

医師をはじめとする医療提供者に対して、自身の健康に関する情報を出来る限り正確に提供する責務があります。

8.医療に協力する責務

全ての患者さんが等しく患者の権利を行使するためにも、病院の規則を守り、提供される医療に協力する責任と、他の患者さんの治療に支障を与えないよう配慮する責務があります。

9.理解しようとする義務

納得できるまで質問をしたり、ご家族や親しい知人などに同席してもらい一緒に説明を聞くなど、自らの疾病や医療について十分理解しようと努めてください。

ページトップへ戻る

職業倫理

1. 医療サービスの質の向上を図るため、確かな知識の習得と技術の研鑽に努めるとともに、良識ある職業人として教養と品性を高め、資質の向上に努めます。

2. 医療の公共性を重んじ、地域社会へ貢献するとともに法規範の遵守に努めます。

3. 患者さまの人権を尊重し、良心をもって、平等に接し、十分な説明と同意に基づく適正かつ公正な医療の遂行に努めます。

4. 患者さまの信頼を得るために、医療内容やその他必要事項について十分な説明を行います。

5. 患者さまのプライバシーを尊重し、職務上知り得た情報の守秘義務を遵守します。

6. 職員は互いに尊敬し理解し合い良き協力関係を築き、連携してチーム医療の実践に努めます。

臨床倫理方針(PDF:91KB)

ページトップへ戻る

病院概要

名称 医療法人横浜博萌会 西横浜国際総合病院
所在地 〒245-8560 神奈川県横浜市戸塚区汲沢町56番地
TEL:045-871-8855/FAX:045-862-0673
管理者 小松 永二
開設日 昭和63年9月
病床数 188床
駐車場 患者さん用 駐車スペース150台
施設認定
  • 神奈川県指定救急病院
  • 日本医療機能評価機構認定病院
  • 育成医療・更生医療指定機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 日本外科学会専門医制度関連施設
  • 日本消化器内視鏡学会専門医指導施設
  • 日本整形外科学会専門医制度研修施設
  • 日本循環器学会専門医研修関連施設
  • 日本アレルギー学会教育施設
  • 日本透析医学会教育関連施設(昭和大学藤が丘病院)
  • 日本静脈経腸栄養学会NST稼動施設認定
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
  • 日本消化管学会胃腸科指導施設認定
医療設備一覧 1.5T MRI (GE社製)/マルチスライスCT(東芝社製)/デジタル式X 線撮影装置/X線一般撮影装置/乳腺X線撮影装置/手術室3室(内 バイオクリーンルーム 1室)/内視鏡外科手術システム(腹腔鏡・関節鏡・膀胱鏡)/全身麻酔装置・生体情報モニター/術中全身加温器/自己血回収システム/手術顕微鏡/泌尿器TURシステム・手術用テレスコープ/鼻内内視鏡手術鼻腔鏡/消化器内視鏡システム/胃・大腸・十二指腸・気管支ファイバースコープ/高気圧酸素治療装置/体外衝撃波結石破砕装置/人工透析装置・血液ろ過透析装置/眼科レーザー光凝固装置/各種超音波装置/セントラルモニタリング装置/人工呼吸器・除細動器/心電図・脳波形・聴力検査装置・血圧脈波検査装置(ABI)/運動負荷システム(トレッドミル)・長時間心電図解析装置・眼球運動検査装置/耳鼻科アルゴンプラズマ凝固装置・CO2レーザー/特殊浴槽

医療安全管理指針(PDF:164KB)

感染対策指針(PDF:187KB)

ページトップへ戻る

沿革

昭和63年 9月 西横浜国際病院として開院 191床 初代院長 瀬尾 勲
平成2年 7月 西横浜国際総合病院に名称変更
平成3年 4月 救急告示指定病院(第2次救急輪番応需病院)となる
平成6年 4月 改修工事完成(高度医療機器導入、救急外来開設、在宅看護事業の実施)
病院広報誌「萌」創刊
7月 訪問看護ステーション「にしよこはま」 開設
9月 診病連携室・医療福祉相談室 開設
平成7年 4月 医療と経営の分離をはかるために第2代院長 小松 壽 就任 (東邦大学名誉教授前東邦大学胸部心臓血管外科主任教授)
理事長 瀬尾 勲は、理事長職に専念する
平成9年 10月 入退院センター発足
新看護基準「2:1A 夜間看護加算 la」 承認
10月 デイ・ケア(日帰りリハビリ)スタート
老人デイ・ケア(II)・痴呆性老人デイ・ケア加算の施設基準 承認
平成10年 2月 医療法人と社会福祉法人の分離(使命と責任の明確化
医療法人 理事長 小松 壽
医療法人 院長 寺尾 榮夫(前東邦大学 脳神経外科教授) 就任
社会福祉法人 理事長 瀬尾 勲
9月 創立10周年記念 記念式典(永年勤続者表彰)を挙行
10月 地域医療福祉サービスセンター(現西横サービスセンター)発足
訪問看護・在宅医療・医療福祉相談室・デイ・ケア部門 統合
各種検査受託による地区診療所・医院と病院間の相互連携体制の確立、患者さんサービスの向上を目的とする
平成11年 8月 介護保険法の規定に基づき、居宅介護支援事業所 指定
事業所名:「西横浜国際総合病院 西横サービスセンター」  管理者:理事長 小松 壽(介護支援専門員)
9月 神奈川県救急医療功労表彰 県知事からホームヘルパー養成研修事業指定を受ける
指定番号 2級過程 高保第136-40号
平成12年 1月 介護保険の規定に基づき、通所リハビリテーション・訪問看護・訪問 リハビリテーション・居宅療養管理指導の事業所指定を受ける
4月 介護保険制度 実施
平成14年 4月 診療情報管理室 開設 地域医療連携室 改組
12月 (財)日本医療機能評価機構認定(一般病院種別A)取得
平成15年 4月 医療・介護連携ネットワーク戸塚・泉 設立
11月 臨床研修病院の指定 管理型臨床研修病院指定 医政発第1128007号・199
平成16年 7月 大規模病院改修工事着工 (横浜いずみ学園移転後跡地の医療施設化)
平成17年 3月 病院改修工事竣工(病床数191床から188床に)
4月 第4代院長 長谷川 昭 就任
平成18年 10月 病診連携ネット 構築
平成19年 1月 医療安全室 新設
4月 第5代院長 小松 壽 就任 (理事長兼任)
5月 一般病棟入院基本料 7:1 承認
9月 (財)日本医療機能評価機構による病院機能評価(Ver.5) 受審
平成20年 1月 (財)日本医療機能評価機構認定基準 「審査体制区分2(Ver.5.0)」 に認定
2月 医療情報システム(電子カルテ) 稼動
3月 回復期リハビリテーション病棟開設に伴う改修工事着工
4月 院長 小松 永二 就任(外科消化器科部長)
小松永二院長就任に伴い、小松 壽理事長の院長職兼務を解く
6月 回復期リハビリテーション病棟(41床) 開設
急性期病床 認可147床(実稼働 135床)
(株)西湘コーポレーションを事業統合
7月 入院包括払い(DPC)対象病院となる
平成21年 2月 関節外科センター開設
3月 小松 壽 理事長退任
4月 理事長 長谷川 理 就任
12月 3階外来の病棟化改修工事(188床 全オープン)
平成22年 8月 ホームページリニューアル
平成23年 5月 関節外科センター閉鎖
平成24年 3月 中長期ビジョン策定
5月 東戸塚ホームケアクリニック開設
平成25年 1月 (財)日本医療機能評価機構認定基準(区分2 Ver.6)認定
3月 長谷川理理事長退任
5月 東戸塚ホームケアクリニック 法人より独立
4月 高木啓吾(前東邦大学呼吸器外科教授)理事長就任
在宅療養支援病院 認定取得
7月 東芝社製80列CT更新
9月 開設25周年
平成26年 11月 人工関節センター開設
平成27年 4月 地域包括ケア病棟開設(37床) 急性期病床110床へ
回復期病棟体制強化加算取得
平成28年 3月 ケアフレンズ移転
人工関節センター休診
5月 健康管理センター、内視鏡室増改修工事
7月 高気圧酸素治療装置増設
ページトップへ戻る

横浜博萌会について

横浜博萌会は昭和62年3月、開設者瀬尾勲(精神科医)を中心に、情緒障害児短期治療施設「横浜いずみ学園」及びその医療的な支援機能としての「西横浜国際総合病院」の経営母体として、社会福祉法人横浜博萌会として設立されました。
しかし、当時の大蔵省の社会福祉法人立の新規病院開設は認めないとの基本方針により、同年10月に医療法人横浜博萌会を設立し、医療法人横浜博萌会が西横浜国際総合病院の運営、社会福祉法人横浜博萌会が横浜いずみ学園の運営を担う形で分離運営されて参りました。

その後、相互に活動の領域を広げ、現在医療法人横浜博萌会は、西横浜国際総合病院のほかに、訪問看護ステーション“にしよこはま”及び介護サービス提供の主体である“西横サービスセンター”を運営し、24年5月には在宅訪問専門の診療所「東戸塚ホームケアクリニック」(院長 松本伸明)を開設しました。社会福祉法人は、子供の施設である“横浜いずみ学園”のほかに、戸塚地域の老人福祉総合センターとしての「高齢者福祉センター」(特別養護老人ホーム“しらゆり園”及び汲沢地域ケアプラザ)の運営と、現在社会的な課題である“児童虐待”に関する研修と研究・情報発信・相談を主目的として、厚生労働省の全面支援を受けて開設した「子どもの虹情報研修センター」の運営を行っております。

社会福祉法人横浜博萌会法人本部
高齢者福祉センター

特別養護老人ホームしらゆり園

汲沢地域ケアプラザ

訪問介護ほほえみステーション

川﨑こども心理ケアセンターかなで
横浜いずみ学園
子どもの虹情報研修センター
病院案内

西横浜国際総合病院

〒245-8560
神奈川県横浜市戸塚区汲沢町56

TEL:045-871-8855/FAX:045-862-0673

交通アクセスはこちら

スマホサイト
当院のご案内をスマホサイトでもご利用頂けます。
西横浜国際総合病院は日本医療機能評価機構認定病院です。認定番号:GA0220-02