ご挨拶

「患者さんと一緒にあゆむ医療」

理事長 高木啓吾

安心して安全な医療を受けることは患者さんの当然の権利です。かつて病院はこわいイメージがありました。これは患者さんと医療側との間に、十分な会話がなく不安なままで医療を受けていたからです。いまは、安心して心温まる医療を受けていただく時代です。「この病院に来てよかった」と多くの患者さんに言っていただけるよう、私共は日々の努力をおしみません。患者さんからはどんな些細なことでも遠慮なくご質問、ご助言をしてください。

医学は日進月歩で進化しています。近年、個々の医療施設で役割分担がありますから、私共は医療施設間の横のパイプを太く保ち、患者さんがより適切な治療が受けられるよう他施設と連携して無駄のない医療を展開していきます。また、病気にかからないようにするには、そして心身ともに若さを保つにはどうしたらよいでしょうか。日頃の生活習慣の見直しが大切です。健康診断、そして健康アドバイスも積極的に行っていく予定ですので、ご相談ください。

さらに居宅介護療養部門、訪問看護、リハビリ部門、在宅医療部門も今まで以上に充実させ、皆さまに信頼していただけるよう、スタッフ一同が一丸となって、「患者さんと一緒にあゆむ医療」を推進してまいります。

理事長 高木啓吾


院長 三瓶建二

当院は、安心・安全の医療を提供することを理念に掲げ、基本方針として「良質な医療を提供する」「地域医療への幅広い貢献」「生命と人権の尊重」の遵守に努めるとともに、急性期医療から回復期・在宅医療の分野までを網羅し地域の皆様が安心して住めるよう信頼のおける病院を目指しています。また、地域の中の病院として、かかりやすい病院というだけではなく、迅速できめ細かなサービスを提供できる病院としてあり続けたいと思っています。

これまでも総合病院としてさまざまな医療を提供してきましたが、今後も予防医療も含め病気を治すのみでなく、病気を予防し、病気により低下した機能を改善させるなど、地域の皆様がより安楽に暮らせるように充実した医療体制を整備し、職員一丸となって皆様に満足いただける医療の提供を実践してまいります。

院長 三瓶建二