診療科・センター紹介

HOME > 診療科・センター紹介TOP > 眼科

眼科

概要

高齢化による白内障、生活習慣病に伴う各種眼疾患など、眼科疾患は多様化、増加傾向にあります。当科は充実した設備と、総合病院の利点を生かした各科専門医との連携で、きめ細やかな全身的診療を行っております。

診療体制

東邦大学医療センター大橋病院眼科医局派遣の伊藤浩幸医師が医長として診療を担当しております。加齢に伴う水晶体混濁のよる視力低下やまぶしさを来たす『白内障』を始めとして、40歳以上の20人に1人にあると言われ自覚症状なく視野障害が進行する『緑内障』、近年増加傾向にあるといわれ視力低下と歪みを引き起こす『加齢黄斑変性』や、糖尿病に伴い発症し重症例では失明に至る『糖尿病網膜症』など、一般的な疾患についての診断・治療対応を行っております。
また、『網膜剥離』や重症の『糖尿病網膜症』など、緊急性や重症度が高く、当院での対応が困難である疾患につきましては、対応可能な近医へ紹介するなど、患者様にとって最も良いと思われる方法を提案・ご相談させて頂きます。
白内障は基本的に数日間の入院手術で行い、糖尿病や透析の方や通院困難な患者様の手術にも対応しておりますが、入院が苦手な方、入院が困難な方には日帰り手術での対応も行っております。
緑内障、糖尿病網膜症などには他科との情報共有や併診可能な環境により、早期治療、早期発見に力を入れております。見えなくなってから病院に行こうではなく、気になる症状があればいつでもお気軽に受診していだければと思います。

診療担当表を見る

主な治療・症例紹介

白内障手術 <日帰り・短期入院検査>

白内障になると、もやがかかって見える、ものがかすんで見える、明るいところで眩しくて見えにくいなどの症状が現れ、加齢とともに年々症状が進行していきます。水晶体の混濁が悪化していくことによって、眼内への光が十分に通りにくくなったり、光が混濁部分で乱反射したりすることが原因です。治療としては、手術以外での改善は困難ですので手術を行います。まず約3mm以下の小さな切開をし、そこから濁った水晶体を超音波で砕いて吸い出します。その後眼内レンズを挿入します。局所麻酔で施行し、術中、術後とも痛みがないことがほとんどです。当院では元来の眼内レンズの他にも非球面眼内レンズや乱視用の眼内レンズなどを導入しております。(多焦点レンズにつきましては保険適応外であるため扱っておりません)
基本的には入院治療を行っており、健康な方はもちろんのこと、術後心配の方、おひとり暮らしなどで通院困難な方、糖尿病や心疾患などがあり外来手術が心配な方などいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

翼状片手術、内反症手術、霰粒腫手術

   

スタッフ紹介

伊藤 浩幸(いとう ひろゆき)

眼科医長

出身校
東邦大学(平成22年卒)
専門
 
資格
日本眼科学会専門医
病院案内

西横浜国際総合病院

〒245-8560
神奈川県横浜市戸塚区汲沢町56

TEL:045-871-8855/FAX:045-862-0673

交通アクセスはこちら

スマホサイト
当院のご案内をスマホサイトでもご利用頂けます。
西横浜国際総合病院は日本医療機能評価機構認定病院です。認定番号:GA0220-02