眼科


概要・診療体制

概要

高齢化による白内障、生活習慣病に伴う各種眼疾患など、眼科疾患は多様化、増加傾向にあります。当科は充実した設備と、総合病院の利点を生かした各科専門医との連携で、きめ細やかな全身的診療を行っております。

診療体制

東邦大学医療センター大橋病院眼科・助教の伊藤浩幸医師が医長として診療を担当しております。
『白内障』の入院・日帰り手術、『翼状片』手術、『緑内障』や『糖尿病網膜症』、 『加齢黄斑変性』の診断・治療の他、『ドライアイ』、『結膜炎』、『ものもらい』や『飛蚊症検査』などの眼科一般診療や、眼鏡作製も行なっております。
また、『網膜剥離』ほか緊急性・重症度の高い症例に関しては、専門病院への紹介等をご案内します。大学病院勤務の経験を活かし、丁寧な診療をさせて頂きます。

診療担当表を見る

眼科IMAGE1


主な治療・症例紹介

  • 白内障
  • 緑内障
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性症
  • 翼状片
  • ドライアイ
  • ものもらい
  • 結膜炎
  • 飛蚊症
  • 人間ドック・健診の異常精査
  • 眼鏡処方

白内障手術(短期入院、日帰り)
当院での白内障手術は入院・日帰りどちらでも対応可能です。
入院は1泊か2泊で選ぶことができます。術前準備から術後診察まで行なってからの退院となりますので、ご本人ご家族とも安心して頂ける手術環境と思います。
緑内障
40歳以上の20人に1人(5%)の方にあると言われています。自覚症状がなく視野障害が進行するため、定期的な検査と治療が必要です。特に、OCT(光干渉断層計)を用いた早期診断に力を入れています。人間ドックや健診で指摘された方、ご家族が緑内障で心配な方、ぜひご相談下さい。
糖尿病網膜症
糖尿病に伴い、網膜に出血などの病変が出現する疾患です。重症になると劇的に視力低下して視力障害が残ってしまいます。定期診察が何より大切です。当院では注射・レーザー治療を行なっています。
加齢黄斑変性症
黄斑(網膜でも特に視力に関わる中心部)に異常血管が出現し、視力低下、歪みが進行します。当院では進行を抑える注射(抗VEGF薬)の治療を行なっています。健診・人間ドックで指摘された方、歪みの自覚がある方、ご相談下さい。

スタッフ紹介

スタッフ1

伊藤 浩幸(いとう ひろゆき)眼科医長

出身校
東邦大学(平成22年卒)
資格
日本眼科学会専門医