診療科・センター紹介

HOME > 診療科・センター紹介TOP > 整形外科

整形外科

概要・診療体制

概要

外傷による骨折・靭帯断裂をはじめ、加齢に伴う関節症、スポーツ障害、脊椎疾患、リウマチ、神経障害など整形外科疾患は多岐に及びます。また、その治療方法も脊椎内視鏡・関節鏡視下手術・人工関節など日進月歩の状況です。当科は日本整形外科学会専門医制度研修施設の認定を維持し、最新の手術機器など設備投資も積極的に行なわれ、洗練されたスタッフとともに年間400例以上の手術を行なっています。

診療体制

遠藤太刀男 整形外科部長(日本整形外科学会専門医・日本手外科学会専門医・日本体育協会公認スポーツドクター・リウマチ医・産業医)、斉藤勝義医師(日本整形外科学会専門医)、南谷健医師を外傷・関節外科チームとし、 森末光医師(日本整形外科学会専門医・脊椎脊髄外科指導医・運動器リハ医・リウマチ医)が脊椎疾患に対応することで高レベルの診療体制が構築されています。

診療担当表を見る

主な治療・症例紹介

整形外科では様々なニーズに対応するべく最小侵襲手術・鏡視下手術に積極的に取り組んでいます。また、急速な麻酔技術の進歩により90歳以上の超高齢者に対する脊椎手術も相当数増えています。外傷による骨折治療のみならず靭帯再建手術・関節制動術・人工関節手術を数多く手がける事で、様々な事態に対応出来る整形外科医療が完成しています。
リハビリテーション設備・スタッフも充実しており、徹底した早期リハビリにより早期回復を図っています。入院リハビリを十分行なってから退院したいという方にはしっかりと自立した退院を、とにかく早く退院をという方には通院点滴・通院リハビリを組み合わせ数日間の入院で完結する事が可能です。
整形外科疾患は、医師個人や病院設備に基づく診断能力によって治療の成果が大きく変わってきます。色々な施設に通ったけど治らない、といった患者様は一度精密検査を受けてみる事をお勧めします。加齢現象として諦めていたものが実は単純な構造的トラブルであったり、免疫やホルモン異常が背景に隠れている事が少なくありません。また、アスリートの診療で得たノウハウをフィードバックする事で過去の治療と全く異なる指針をお示しする事もございます。 外科治療のみならず装具治療や神経ブロック、運動療法を組み合わせる事で手術を回避する最新の保存治療も施行しており、様々なニーズや病態に対応しています。
●肩関節鏡視下手術(腱板断裂・反復性肩関節脱臼・SLAP損傷)
●膝関節鏡視下手術(前十字靭帯二重束再建術・後十字靭帯二重束再建術・半月板縫合術・軟骨形成術・骨軟骨柱移植術・MPFL再建術ほか)
●脊椎内視鏡手術(腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎すべり症他)
●人工肩関節置換術 ●人工肘関節置換術●人工股関節置換術 ●人工膝関節置換術
●人工足関節置換術 ●人工指関節置換術●高位脛骨矯正骨切り術
●超高齢者脊椎手術 ●腰椎椎間板ヘルニア摘出術 ●椎弓形成術

●手外科 ●マイクロサージャリー ●橈骨矯正骨切り術 ●上腕骨延長術 ●麻痺手の再建
●肘部管症候群 ●手根管症候群 ●小切開併用アキレス腱経皮縫合術 ●外反母趾手術


関節鏡手術機器の発展に伴い、新たに極細径関節鏡を導入し、肩膝のみならず手関節・指関節・足関節など今まで鏡視出来なかった分野の微細な軟骨構造の対処が可能となりました。これにより慢性疾患だけでなく関節内骨折の治療が飛躍的に向上しました。全ての関節内骨折はレントゲン透視と関節鏡を同時施行し、モニター2台並列2元中継下で手術を行います。これまで透視のみでは見過ごされていたであろう軟骨面の微細なgapまで対応が可能となったことは外傷医療にとって僥倖と言えます。
加齢に伴う関節症に関し、膝関節は特に鏡視下手術がスタンダードであり、関節軟骨面のトラブルは早々に対処、可能な限り関節温存手術としています。骨壊死症など人工関節は回避できない場合は術後可動域が極めて優れている片側置換型人工膝関節(UKA)を適応し、進行した症例には全置換(TKA)を施行します。当科では周術期感染症回避のため専用クリーンルームで手術を行い、術中の駆血は行っておりません(non-tourniquet UKA/TKA)。
また、股関節については後方展開・前側方展開など症例に応じたアプローチで人工股関節全置換術を施行しています。それぞれ自己血貯血ならびに術中回収血を用いることで、輸血のリスクを低減しています。
スポーツ障害については、肩・膝・手関節・足関節ほか全ての関節の鏡視下手術が可能となりました。アキレス腱断裂は2cmの創で縫合可能です。肩関節に関しては手術症例が増えたため、専用のspider limb positioner を導入し、あらゆる肢位で腱板断裂手術や脱臼肩に対する鏡視下手術が可能となりました。
手の外科についてはmicrosurgeryはもとより、鏡視下手術の進歩により母指CM関節症・TFCC損傷の治療が拡大しました。


全例リハビリテーションは専従スタッフによる徹底した早期リハビリを行っております。
リウマチに関しては鏡視下手術とともに積極的に生物学的製剤の導入を行い、極めて良好なリウマチコントロールが可能となりました。間質性肺炎などの突発的な副反応に対しても当院呼吸器内科医との連携で安心して治療が受けられます。
整形外科医療のすべての基本は外傷治療です。小児の外傷では麻酔管理上問題が無ければ即日手術を積極的に施行しています。整形外科スタッフも増え、可能な限り理想の整形外科医療を構築するべく日々努力しています。何かお困りのことがあれば是非ご相談ください。

スタッフ紹介

南谷 健(みなたに たけし)

整形外科医師

出身校
帝京大学(平成17年卒)
専門
膝関節鏡視下手術、人工関節、外傷外科ほか
病院案内

西横浜国際総合病院

〒245-8560
神奈川県横浜市戸塚区汲沢町56

TEL:045-871-8855/FAX:045-862-0673

交通アクセスはこちら

携帯サイト
当院のご案内を携帯サイトでもご利用頂けます。
西横浜国際総合病院は日本医療機能評価機構認定病院です。認定番号:GA0220-02