診療科・センター紹介

HOME > 診療科・センター紹介TOP > 外科・消化器科

外科・消化器科

概要

院長の小松永二医師(外科学会、消化器学会指導医・専門医)、石塚直樹部長を中心に、東京女子医大関連病院として同病院消化器病センターより医師の派遣を仰ぎ、消化器疾患に対する、内科的・外科的な総合診療科として治療を行っています。
また当科は以下の学会認定施設であります。

  • 日本消化器内視鏡学会指導施設
  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設(関連施設)
  • 日本消化器外科学科専門医制度指定修練施設(関連施設)
  • 日本大腸肛門病学会認定施設

診療体制

小松永二院長、石塚直樹部長、平田雄大医師、小島啓夫医師の4名体制で、非常勤として龍医師、三並医師、板倉医師、さらには随時東京女子医大より専門医の協力をいただき、日常疾患から高度専門疾患までを対応しております。
診断、検査には各種内視鏡、マルチスライスCT、MRI(1.5T)、最新の超音波診断装置などを用い、正確、迅速な診断に心がけております。一部の血液検査を除いて検査結果は当日判明し説明させていただきます。 内視鏡は早期より、細くて苦痛の少ないとされる経鼻内視鏡を導入しており、鎮静剤併用経口内視鏡など、「つらくない内視鏡検査」に心がけております。
また超音波検査は最新鋭機種である東芝Aplio MXを導入し、より正確な診断が可能となりました。食事なしで受診なされれば当日検査可能の体制ですのでご利用ください。

診療担当表を見る

主な治療・症例紹介

胃切除術、大腸切除術など年間200件程度の消化器系疾患手術を実施しております。
胆石症、胆嚢ポリープ、鼠経部ヘルニア、痔核、痔、瘻、慢性虫垂炎等の軽微な手術に関しては、患者様のご希望により短期入院手術・週末手術を行っております。週末手術は、金曜午前入院、午後手術・日曜退院の流れで行っており、多くの患者さんに喜んでいただいております。
近年、各種消化器癌に対する化学療法は大きな進歩を遂げております。地域密着型病院として外来、入院化学療法に積極的に取り組んでおります。 内視鏡検査、治療にも力を入れ、大腸内視鏡検査年間600例以上施行し、大腸ポリープ切除も300件程度をほとんどが日帰りで実施しております。大腸がん予防のため、ぜひ一度検査を受けてみてはいかがでしょうか。 最近話題となっております慢性C型肝炎に対しましてはペグインターフェロン+リバビリン療法を行っております。現在神奈川県では医療費補助制度が実施されており、この機会に当科医師にご相談ください。
高齢化社会に伴い重要度が増してきました胃ろう増設、点滴ポート留置などにも対応しております。

鼠径ヘルニア・脱腸について 大腸内視鏡検査について 胃内視鏡検査について

主な手術

短期入院(週末)手術(胆石・ヘルニア等)、各種悪性疾患手術、腹腔鏡下胆嚢手術、腹腔鏡下胃・大腸切除術、各種内視鏡手術(ポリープ切除、EMR、ESD,EST)、IVR(PTCD、ステント、TAE)
超音波凝固切開装置、バイポーラ式自動血管閉鎖装置、各種自動吻合器など最新の機器を用いて手術を行っております。

週末手術療法

外科・消化器科では週末を利用し、金曜日朝入院、午後手術、日曜日退院の「週末手術療法」を実施しております。対象疾患は胆嚢結石、胆嚢ポリープ、鼠径ヘルニア、内痔核、急性期を過ぎた虫垂炎などです。重大な合併症のない方、日常生活自立上、大きな問題のない方、週末手術療法を十分理解し協力いただける方に限らせていただきます。また日帰りではありませんので原則的に年齢制限はありませんが、あまりご高齢の方にはゆっくりとした療養をお勧めいたします。また患者様のご希望によっては火曜日手術、木曜退院コースも可能ですが、この場合は月曜午後入院でお願いいたします。

胆石(胆嚢結石):(単孔式)腹腔鏡下胆嚢摘出術(3~4日間)

胆嚢は肝臓の下面に付着したナスのような形をした袋状の臓器です。肝臓で分泌された胆汁を貯留し、濃縮し、食事時に収縮することにより胆汁を十二指腸に押し出します。この胆汁が濃縮される過程で結晶化し石となったものが胆嚢結石です。普段は無症状ですが食後に胆嚢が収縮するときに結石が胆嚢の出口にはまり込みますと、いわゆる胆石発作を起こし、上腹部痛、嘔吐、発熱などが生じます。急性胆嚢炎に進展しますと緊急手術が必要となることもあります。
胆嚢結石は全てが手術の適応となるわけではありませんが、症状が出現した場合は手術の適応となり、また最近では無症状(サイレント ストーン)のうちに腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けてしまう方も多くなってきております。
胆嚢結石の治療の主体は「腹腔鏡下胆嚢摘出術」です。全身麻酔下、腹部に4箇所、5-10mmの筒状の器具を挿入し、炭酸ガスにて腹腔内を膨らませます。1箇所の筒からカメラで腹腔内をモニターに映し出し、他の箇所から種々の器具を挿入し胆嚢を摘出する手術です。1時間前後の手術で、出血もほとんどありません。ごくまれに開腹手術に移行せざるを得ないこともありますが、強い胆嚢炎を起こしていなければ99%以上の確率で腹腔鏡下にて摘出している状況です。炎症がない場合、単孔式腹腔鏡下手術もおこなっています。おへその1箇所からカメラと手術器具を挿入して胆嚢を摘出します。きずが1箇所のみのため、体の負担が少なく、手術後のきずもほとんど目立ちません。
単孔式手術は従来の手術よりやや難しい手術ですが、手術器具の発達にともなって安全に実施できるようになりました。

詳しくはこちらをご覧下さい。

鼠径ヘルニア:腹腔鏡下ヘルニア手術(TAPP法)、鼠径部切開法(メッシュ法)(2~3日間)

一般的には「脱腸」といわれ、足の付け根の部分(鼠径部)から腸管が脱出してくる病気です。中年以降の男性に多く、徐々に大きくなることが多く、時にははまり込んで強い疼痛を伴い緊急手術が必要となることもあります。
治療は手術治療が中心となります。以前は弱くなった組織を糸で縫って補強する手術が主体でしたが、再発が多い、術後疼痛が強い、術後安静が必要などの問題がありました。最近は専用のメッシュを用いた手術が標準的となっております。当科では15年以上前より導入し、疼痛や再発が少なく、良好な成績を上げております。
手術法には腹腔鏡下ヘルニア手術(TAPP法)と鼠径部切開法(メッシュ法)の2通りがあります。
腹腔鏡下ヘルニア手術は、おへそからカメラを挿入し、その他2箇所の5mm孔から手術器具を挿入し、おなかの中にメッシュ状シートを固定します。腹腔鏡下手術では術後疼痛が軽度で血腫、神経損傷、慢性疼痛が少ない、回復が早いとされています。鼠径部切開法では足の付け根の部分に4㎝ほどの切開を加え、メッシュ状シートを挿入します。鼠径部切開法では手術時間が短かく、心肺機能が低下した患者さんに適しています。

詳しくはこちらをご覧下さい。

内痔核(2日~5日間)

一般的には「イボ痔」といわれ、イボのように肛門から内痔核が脱出してきますが、中期までは排便時出血が主症状です。国民病とも言われるほど、多くの人が悩まされている病気です。便秘、長時間座位、力仕事、妊娠などにより肛門がうっ血し、静脈が嚢状に拡張し静脈瘤になった状態です。
初期治療としては座薬や軟膏がありますが、繰り返す場合、進行した場合はALTA手術療法をお勧めいたします。当科では痔核の状態に応じて結紮切除法やALTA療法(内痔核硬化療法)を用いて疼痛や出血の少ない治療をおこなっています。

内痔核硬化療法剤による治療について

内痔核硬化療法剤による治療について

痔疾患啓発サイト「い~じ~net」

人に言えない痔の悩みに! い~じ~net

内視鏡的大腸ポリープ切除術

食生活の欧米化などによりわが国の大腸ポリープ、大腸癌の発生は急激に増加しております。胃のポリープの場合は腫瘍性であることはまれで、ほとんどが炎症性で、治療を要することもまれです。それに対して大腸ポリープは多くが腫瘍性で、大腸癌に進行する可能性があります。よって最近では大腸ポリープは発見されれば切除が必要とされております。以前は検査後、後日入院してポリープ切除を施行しておりましたが、当科では最近の技術、機器の進歩により、大腸内視鏡前にポリープ切除の説明を行い、ポリープがあった場合はその場で切除を施行しております。注意事項の説明を受け、そのまま帰宅可能です。ただし数が多い場合、ある程度大きな場合、出血等の可能性が危惧される場合は1泊程度の入院が必要となることがあります。

スタッフ紹介

小松 永二(こまつ えいじ)

西横浜国際総合病院院長

出身校
産業医科大学(昭和60年卒)
専門
消化器全般・肝・胆・膵
資格
日本外科学会 専門医・指導医/日本消化器外科学会 専門医・指導医 /日本消化器病学会 専門医/日本消化器内視鏡学会  専門医

石塚 直樹(いしづか なおき)

外科・消化器科部長

出身校
日本医科大学(平成2年卒)
専門
一般外科、消化器疾患全般
資格
日本外科学会 外科専門医/日本消化器外科学会 専門医 /日本消化器病学会 専門医・指導医/日本消化器内視鏡学会  専門医

平田 雄大(ひらた ゆうだい)

外科・消化器科

出身校
福島県立医科大学(平成19年卒)
専門
一般外科
資格
日本外科学会外科専門医/厚生労働省認定臨床研修指導医/NST医師

小島 啓夫(こじま たかお)

外科・消化器科

出身校
聖マリアンナ医科大学(平成16年卒)
専門
消化器全般
資格
外科専門医
病院案内

西横浜国際総合病院

〒245-8560
神奈川県横浜市戸塚区汲沢町56

TEL:045-871-8855/FAX:045-862-0673

交通アクセスはこちら

スマホサイト
当院のご案内をスマホサイトでもご利用頂けます。
西横浜国際総合病院は日本医療機能評価機構認定病院です。認定番号:GA0220-02